映画好き集まれ!!さくっと読める映画レビュー

映画レビュー<忙しいあなたのためのサクッと楽しく読める映画レビュー>

「テッド」悩むなんて無駄!!自由奔放に生きるクマ 

f:id:jiiin:20190819202812j:plain

出典:movies.yahoo.co.jp

 

私達日本人は周りの目がすごく気になりますよね。

国民性だから仕方ないし、筆者は控えめな日本人が大好きです。

でも、やっぱり時には自分勝手に振舞ってみたい。

そんな時には「テッド」この映画を見ることをお勧めします!

「テッド」は2012年に公開されたアメリカの映画で、

公開当時はかなり話題になり、筆者も3回劇場に足を運びました。

 

 

テッド 〜あらすじ〜

主人公のジョンはレンタカー会社で働く35歳の男性で、恋人のロリーと親友のテディベアのテッドと暮らしています。

テディベアです、話もするし、自己主張も激しい、下ネタ大好きなテディベアです笑

テッドとの出会いは、幼少期のジョンがクリスマスに「親友が欲しい」と神様に願い、クリスマスプレゼントとして貰ったテディベアに命が宿ります。

それがテッドです。

小さい子供なら当然ですが、ジョンは直ぐに両親に報告。

喋るぬいぐるみに対して両親は

「悪魔が宿った!!」とか

「銃を取ってこい!!」とか、

敵意むき出しです。笑

最終的にジョンが両親の説得に成功し、両親は「 Christmas miracle✨ 」として受け入れます。

平和な家庭ですね。

喋るクマのぬいぐるみが有名になるのは簡単な事で、直ぐに全米のニュースで取り上げられます。

テッドは一躍有名になり、テレビで引っ張りだこになりますが、ジョンと過ごす時間は必ず取っていました。

劇中のテッドは基本的に「う~ん、、」て感じですが、自分が気を許している友達に対しては良いやつです。

現実にもこんな人いるなぁ、と筆者はひしひしと感じました。

テッドは有名になるのも速かったですが、ブームが去るのも速く、テッドはごく普通の生活に戻っていきます。

ジョンはロリーと交際期間4年目を迎えるという事で、同僚からは「プロポーズしてほしんじゃないの?」とアドバイスを受けます。

「そんなの誰も望んでないよ!!」と却下するジョン!

記念日のデートで、ジョンはロリーにイヤリングをプレゼントします。

ジョン「デパートで見てたでしょ!!」

f:id:jiiin:20190823220054j:plain
出典:movies.yahoo.co.jp

ローリー「…」

f:id:jiiin:20190823220126j:plain
出典:movies.yahoo.co.jp

 

このシーン最高です 笑

ジョン役のマーク・ウォールバーグのアホな感じと、ローリー役のミラ・キュニスの肩透かしを食らった感じが最高です 笑

家に帰るとテッドが売春婦と一緒に一夜のアバンチュールを楽しんでいました。

そして床には……。。

ローリーに「家から出て行って!」と命じられてしまう可哀想なテッド!

もちろんジョンとは今まで通り、親友でいつでも遊ぶ仲です。

テッドは仕事を見つけ、一人暮らしが始まります。

こうしてジョンとローリーは二人で暮らし始めますが、、、、

 

〜見どころ、まとめ〜

 テッドをフルCGで作っているところはやっぱりみどころかなと思います。

筆者は字幕でしか観ていないのでわかりませんが、吹替版は有吉が担当してるそうです笑

かなり毒舌だった頃の有吉なので結構評価は高いようですよ 笑

 要するにこの映画は「恋人と友だち、どっちを取るの?」って映画なわけで、

テッドはローリーに煙たがられているんですね。

筆者も実はそんな経験がありました。

テッド側で、です。

よく遊ぶ友達に恋人が出来たんですが、筆者と遊ぶ日と、恋人と遊ぶ日が重なった時に恋人の方を切っちゃったんですよね。

数日後呼び出され、意味も解らず怒られました 笑

そんな経験がある方も多いんじゃないでしょうか?

自分と重なる部分があると観るのも楽しいですよ。

 

最後に一つ注意点

 

子供には見せない事!!(笑)(笑)

  

f:id:jiiin:20190823172501j:plain

 出典:movies.yahoo.co.jp

hokuounostyle.com