映画好き集まれ!!さくっと読める映画レビュー

映画レビュー<忙しいあなたのためのサクッと楽しく読める映画レビュー>

「ハクソー・リッジ」 泣きすぎてしまった戦争映画

出典:yahoo!映画.com

「ハクソー・リッジ」は、2016年、アカデミー賞受賞作品です。

メルギブソン監督の戦争映画、そしてヒューマン映画でもあります。


この映画の沖縄戦の壮絶な戦闘シーンを見て、胸が苦しくなりました。

現実はもっとひどくこの世の地獄絵図のようであっただろうと想像しますが。

余りにも生々しく血肉が吹き飛んだ後の映像には涙が溢れて仕方ありませんでした。

目を覆いたくなるような戦闘シーン!

怖がりの私が最後までこの映画を観れたことに自分でも驚きましたね。

目次

「ハクソー・リッジ」あらすじ

沖縄が舞台のこの映画は実在の兵士、デスモンド・デスがモデルになっている。
彼は、幼いころに、いたずらで遊んでいた際に、実の兄をレンガで殴打して、半殺しにしてしまう。

運が悪ければ、亡くなっていたはずだ。
でも、この事件をきっかけに彼は信仰に目覚め、人間の命を最も尊ぶ人になる。
【汝、殺すなかれ】を信条に生きる信仰熱心な青年に成長する。

時は、第2次世界大戦中のアメリカ!
彼は、人命救助に徹する衛生兵に志願し、沖縄戦に挑む。

この映画では、これでもかと言うほど、戦争の悲惨さが描かれているので、残酷なシーンが多すぎて子供にはオススメできません。

主人公のデスは、被爆した兵士にモルヒネ注射をして、担架に兵士を乗せ、崖と高地の間を何往復もしながら、一人ずつ傷ついた兵士を救助していく。
その中には日本兵も混じっていた。

戦争中、敵国の兵士を助けるなど、許されざること!

出典:yahoo!映画.com
でも、彼は、自分の信念を曲げることなく、日本人もアメリカ人も救助したのだ。
その数、なんと75名(内、2名は日本人)

戦争中、自分の信念に従い、軍のおきてに背いてまで、敵国の兵士を救ったデス!
命がけで傷ついた兵士を救った立派な人間がいたことに深く感動しました。


まとめ

実話であったというのも驚きですが、人間の信念の力は本当に凄いな~って思いました。

あと1人救わせて下さいと祈りながら、瀕死の仲間を次々と75人も助けたのですから。
敵味方なく。。。

とにかく泣ける映画ですよ!!
hokuounostyle.com