映画好き集まれ!!さくっと読める映画レビュー

映画レビュー<忙しいあなたのためのサクッと楽しく読める映画レビュー>

『十二人の死にたい子どもたち』評価が別れている理由とは?


 出典:yahoo映画.com

 

 『十二人の死にたい子どもたち』は、沖方丁のミステリー小説が2019年に実写化された映画です。

沖方丁は主にSF作品を書くことが多く、今までに日本SF大賞や本屋大賞、直木賞にノミネートされた作品もある有名小説家です。今回はミステリー作品ですが、2016年の直木賞の候補作品になったこともあり、とてもファンの多い作品になっています。

 

現在活躍している、またこれから注目されそうな若手俳優・女優が出演していることでも話題になった作品です。

目次

 

 『十二人の死にたい子どもたち』あらすじ

 

とある廃病院に死にたい12人の子どもたちが集まり、

「集い」が行われようとしていた。

それは命についての選択、「安楽死」を望んでいる人のための「集い」。

集合場所である地下室には、人数分のベッドが用意されていたが、

すでに1人の子どもが死んだように横たわっていた。

それは13人目の参加者だった。

13人目=ゼロバンは殺されたのか、自殺したのか…

「全員一致」のルールに従って、推理していくミステリー映画です。

 

『十二人の死にたい子どもたち』見どころ

 

映画が始まって、最初に続々到着する参加者たちの様子が描かれます。

最初はただ何も考えずに観ていましたが

結論を知ると、「黒い人影は○○だったんだな」、

「この時にゼロバンを運んで、ここに移動して…」などと

伏線が回収されていく気持ち良さが味わえました。

 

また一緒の目的を持った他人との関わりの中で

それぞれ死にたい気持ちとどう向き合っていくかが

描かれており、最終的にどう変わっていくか見どころです。

 

 

『十二人の死にたい子どもたち』観た人の評価が別れる理由とは?

 

わかりやすく、すっきりした内容で構成されており

シンジロウ(新田真剣佑)による解説、

最後は時系列に沿った回想もあるため、

ミステリー初心者でも楽しめるような映画です。

 

そして全体を通して残虐な場面はなく

最後は誰も死なず、ハッピーエンドで終わります。

またゼロバンがまだ生きているとわかった瞬間

全員が助けようと必死に動いていて、みんな結局良い子でした(笑)

 

杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈など

キャストが豪華であり、それぞれの演技も光っていて

出演俳優・女優のファンが観れば、なお楽しめる映画です。

登場人物も、空気が読めないいじめられっ子、

好きなアーティストが死んで後追いしたいゴスロリ女の子、

病気で余命が少ない推理好きの男の子、

自分が一番好きそうに見えて他人に優しい不良やギャルなど

みなキャラクターが違っていて、観ている人が感情移入しやすく

登場人物が被らない作りになっています。

 元々原作は長編ミステリーです。

今回は有名監督が指揮を執って撮影されましたが、

2時間の映画のなかでは、12人の登場人物が浅く描かれ、

それぞれの死にたい理由もあっさり語られて終わってしまったことが残念でした。

死にたい理由も、軽い理由が多かったため

それをこの映画の面白さとして捉えるか

くだらないと思ってしまうかで評価の仕方が変わると思います。

 

予告編を観てみると、殺人がどんどん起きそうなイメージも強く

リアルタイム型密室ゲームのキャッチコピーもあることで

ホラーやサスペンス要素を期待してしまいます。

しかし実際観てみると、最後はハッピーエンドであり

あっさり推理されてしまうため、サスペンス要素もかなり少ないです。

そのためミステリー好きには少し物足りないかもしれません。

 

 まとめ

 

評価に書いた通り、ミステリー要素は足りないかもしれませんが

私は十分楽しんで観ることができました。

 

それぞれの死にたい理由についても

何億人といる人の価値観は何億通りであり

死にたい理由がその人にとっては重要であったかもしれません。

正直ヘルペスが原因で死にたいと言っていた女の子に対しては

「治るじゃん!」と思って少し笑ってしまいましたが、

その子にとっては死にたいくらいのことだったのだと思います。

またある女の子は、自分が死ぬことで

「人が生まれてくることも死ぬことも選べる世の中にしたい」

という自由意志を示したいがために

安楽死を望んでいたことが明らかになります。

難しい理由ですが、現在日本では安楽死は認められていません。

社会的な問題についても考えさせられる映画!

様々な人の価値観に触れて、自分を客観的にみることで

自分を見直すきっかけにもなる、見る価値のある作品です。