映画好き集まれ!!さくっと読める映画レビュー

映画レビュー<忙しいあなたのためのサクッと楽しく読める映画レビュー>

「アントマン」最小で最弱で最強なヒーロー!?

f:id:kenkentoto:20191014202443j:plain

出典:映画.com


今回ご紹介するのは「アントマン」です。

こちらの作品は、MCUシリーズの一つです。

2015年に製作された映画となっております。

 

こちらの作品の衝撃的なポイントは主人公演じるヒーロー「アントマン」が、その名の通りわずか1.5cmのヒーローであることです。

 

目次

 

簡単なあらすじ

3年前に窃盗罪で服役していたスコット・ラングは、無事刑期を終えて出所したところから物語は始まります。

スコットは更生を心に誓い再出発するが、そんな彼に世間の風は冷たく、職に就いても前科がバレた途端にクビになったり、離婚した妻を訪ねても、冷たい言葉を浴びせられてしまいます。娘のキャシーが慕ってくれることだけが唯一の救いでしたが、養育費の未払いを理由に、娘と会うことまで禁止されてしまいます。

スコットは、ふたたび昔の泥棒仲間らと合流して犯罪の道へと戻ってしまいます。

ある日、とある富豪が屋敷を留守にしているとの情報を得て、彼らは侵入をします。

金庫を開けたスコットでしたが、そこにはヘルメットとスーツのみでした。中身がお金ではなかったことに落胆するスコットでしたが

 

コスチュームを着てみると、彼の身体はアリのようなサイズに縮小してしまいました。

 

浴槽が大海となり、ネズミが巨大な猛獣となりスコットを襲います。

なんとか元のサイズに戻ることのできたスコットは慌ててコスチュームを返しに行きますが、その時にはすでに警察に犯行を察知されており、スコットは逮捕されてしまいました。

やがて彼の身柄を引き取りに現れたのは、屋敷の主であり、天才科学者ハンク・ピムでした。ピムは、潜入技術に長けた人間を欲しており、あえて屋敷を空けて侵入者の来訪を待っていたのでした。スコットの腕を見込んだピム博士は、彼に「アントマン」になってほしいと依頼をします

 

ピムは、かつてS.H.I.E.L.D.に所属しており、自ら開発した身体縮小スーツをまとってアントマンとなり、エージェントとして数々の極秘任務をこなしていたというのです。彼は、技術の悪用を恐れ、長年その理論を秘密のしていましたが、弟子だったダレンが技術を解き明かすまで後一歩のところまで来てしまったというのです。

ダレンは縮小スーツを軍事に転用して売りさばく計画を立てており、あろうことか秘密結社ヒドラをも取引相手に挙げていました。

もしこれが実現してしまえば、世界規模の混乱が起こってしまいます。阻止するには、ダレンの本拠に潜入し、試作スーツを破壊しなければなりません。そしてそれが出来る者はアントマンだけだというのです。

尻込みするスコットでしたが、「娘に顔向けできないコソ泥として一生を過ごすよりはマシだ」と説得され、アントマンになることを決意するのでした...

 

見所

小さくてもパワーやスピードは一流

アントマンの姿はとても小さく、目を凝らしてみないとなかなか気づくことができないほどです。そんな彼は見た目で舐められがちですが、かなりのパワーを持っています。

スピーディかつパワフルに人間たちを翻弄する姿は興奮間違いなしです。

また、彼もまたのちにアベンジャーズに合流を果たし、大活躍をします。

そんな小さな体にどうやってそれだけの力があるのか不思議ですが、彼の活躍に乞うご期待です!

 

まとめ

たった1.5cmの史上最小ヒーローのアントマンですが、実力は確かです。

コメディ色も強い今回の作品、初見の方でも間違いなく楽しむことができる作品となっておりますので、是非みてみてください。